My Sea Shepherd


 

Sea Shepherd Joins Search for Missing Japanese Whaler

January 6, 2009

Sea Shepherd Joins Search for Missing Japanese Whaler

flag_japan_tinyJapanese translation available

news_090106_1_2_Steve_Irwin_encounters_whaling_fleetThe Sea Shepherd Conservation Society ship Steve Irwin has joined the search for missing Japanese seaman Hajime Shiraskai 30. Shirasaki fell off the Kyoshin Maru No. 2 and is believed lost at sea.

The Steve Irwin is presently with the Japanese whaling fleet at the position of 62 Degrees 17 Minutes South and 144 Degrees 50 Minutes West. This is 1800 miles Southeast of Dunedin, New Zealand and 2600 miles Southeast of Hobart, Australia.

Captain Paul Watson informed the fleet that the Sea Shepherd crew had no intention of harassing the whaling vessels while they are engaged in a search for the missing crewman's body. Captain Watson offered the Steve Irwin, two boat crews and a helicopter to assist in the search.

The Yushin Maru No 3 responded and declined Sea Shepherd's offer of assistance saying that they would not accept help from an "eco-terrorist organization."

Captain Watson answered that the Sea Shepherd crew would assist in the search nonetheless and would not interfere with the whalers while engaged in the search mission.

The Steve Irwin has deployed two boat crews and a helicopter to search the area for the body of the missing seaman.

The Steve Irwin has over extended it's time to join in this search and will have to cut off and begin to return to port within 12 hours

Hobart is 10 days away and Dunedin is 7 days away. The Steve Irwin is planning on heading back to Hobart in Tasmania.

 

news_090106_1_3_Steve_Irwin_encounters_whaling_fleet

news_090106_1_1_Steve_Irwin_encounters_whaling_fleet
Sea Shepherd encounters Kyoshin Maru No. 2
All photos: Eric Cheng / Sea Shepherd Conservation Society

 

2009年1月7日

シーシェパード 行方不明日本人乗組員の捜索活動に協力

環境保護団体シーシェパードが所有する船スティーブ・アーウィン号は現在行方不明中の日本人男性シラサキ ハジメさん(31)の捜索活動に協力した。シラサキさんは第二共新丸の甲板から転倒し、海中に失踪したと伝えられている。

スティーブ・アーウィン号は現在日本捕鯨船団が捜索活動を続ける南緯62度17分 西経144度50分に位置している。ここはニュージーランドのダネイディン南東1800マイル、またオーストラリアのホバートから南東2600マイルの距離にある。

キャプテン ポール・ワトソンは日本捕鯨船団に行方不明男性の捜索活動に全面的に協力する旨、また捕鯨船団に妨害行為を行うためにこの海域にいるのではないという意思を伝えた。キャプテン ワトソンはスティーブ・アーウィン号に設置してあるヘリコプター1機、2台のゴムボートを利用した捜索活動も提案した。

第三勇新丸はシーシェパードのこういった提案に応答したが、「エコテロリスト」であるシーシェパードからの支援は一切受け入れないと返信した。

スティーブ・アーウィン号は行方不明の日本人乗組員の捜索活動に全面的に協力するためヘリコプター1機と2台のボートを配備した。

またスティーブ・アーウィン号は、捕鯨船団の捜査活動に協力するためこの水域に立ち寄り南極海における滞在を延長した。我々は12時間以内に次の目的地に向けて出航する。

ホバートは現在地から10日間、ダネイディンは7日間の距離に位置している。スティーブ・アーウィン号はホバートに向かう予定だ。


 

Get Our Latest News:

e-Newsletter mobile alerts

Get Our Latest News:

e-newsletter
Captain Paul Watson's Quarters

Upcoming Events:




Headquarters:

P.O. Box 2616,
Friday Harbor, WA 98250
TEL: +1-360-370-5650
FAX: +1-360-370-5651

Our Partners:

1 For Planet Dutch Postcode Lottery